■家でも料理■

■活きタコのタコトマトソースのパスタ


レシピ(作り方)

材料(2人分)分量(目安)
生の真ダコの足1、2本(200g)
ニンニク2かけ
トマトホール1缶
スライスオリーブ水煮(瓶詰め)50g
三つ葉適量
エキストラバージンオリーブオイル適量

食材購入リンク
楽天で豊富なタコ専門店から活タコを探す
おもてなしに使える刺身用大皿や盛り付け皿を探す

  1. まずはソース作り。フライパンに包丁で潰したニンニクとオリーブオイルを入れて弱火で香りを出す。フライパンを傾けるとやりやすい。
  2. タコの足は十分に荒塩で揉んで、ぬめりを水で洗い流す。まるごとフライパンに投入。さらにトマトホールを身を軽く潰しながら入れる。
  3. 若干水を入れて、沸騰させる。沸騰したら弱火で。焦がさないよう、たまに身を返しながら約1時間。ソースが煮詰まるまで。
  4. そのまま食べても美味しいタコ。薄くスライスしてフライパンに戻す。スライスオリーブを酸味の効いた漬け汁と一緒に加える。
  5. パスタの表示茹で時間の(アルデンテまでの)2分前に麺をタコソースのフライパンに移し、茹で汁をお玉一杯ほど加える。最後の2分間はフライパンを揺すりながら味を馴染ませ、エキストラバージンオリーブオイルを振り掛けたら味見。
  6. 刻んだ三つ葉を添えて出来あがり。

コツは

  • 生のタコを使う。トマトソースがタコの風味ではちきれそうになる。
  • 塩は加えない。ぬめり落としで塩分が付くので、最後の味見で足りない時だけ塩を加えよう。
  • オリーブは丸ごとでも構わないが、タコの歯応えを引き立てるにはスライスが合う。
  • 一緒に合う具は他にもあるけれど、タコを主役にしよう。シンプルに。

たっぷりの磯の香りにしっとり柔らかいタコの身。オリーブ汁の酸味でさっぱりと食べられる。日曜の朝はこれだ!