■海でごはん。海のごはん。
           HOMEへ。
■野外料理。
 夏バーベキューに似合う
 簡単アウトドアレシピ一覧
・バーベキューに缶ビール
・バーベキューに生ビール
・焚き火料理レシピ
・七輪炭火焼きレシピ
 →BBQ貝料理レシピ
 →BBQお魚レシピ
 →BBQ海老レシピ
 →BBQ烏賊レシピ
 →BBQタコレシピ
 →BBQお肉レシピ
 →BBQ野菜レシピ
 →BBQ面白レシピ
・ダッチオーブンレシピ
 →ダッチオーブン魚レシピ
 →ダッチオーブン肉レシピ
 →ダッチオーブン野菜レシピ
・バーベキューでお刺身
■家でも料理。
 魚は海辺で入手!
 簡単魚介類レシピ一覧
・魚料理レシピ
・タコとイカ料理レシピ
・貝料理レシピ
・海老カニワカメレシピ
■アウトドア料理の主役
 焚き火、調理道具、七輪

■焚き火を楽しむ方法

■オススメアウトドア調理道具
■七輪専門サイト
■アウトドアリンク集
■管理人にメール

HOME > 簡単魚介類レシピ一覧 > 肉厚ホウボウフライのレシピ

 

肉厚ホウボウフライのレシピ

 「鯵フライ用に開いたの頂戴。」と尋ねるオジサンに「鯵は今日無いけれどホウボウでやんなよう、美味しいよう、ホウボウフライ。一度やったらアジフライなんか食べられなくなるよ!」と駅前魚屋のおっかさん。

 オジサンが買わなかったら、その小ぶりなホウボウ開きの五枚入ったザルを買って、今夜が初めてとなるホウボウフライを試そう。という期待を読まれたかのようにおじさんは五枚のホウボウと氷の上に残っていた最後の一枚も新聞紙に包んでもらっていた。ま、次回と残念がるのも束の間、次のホウボウが山と氷に盛られたのだ。

 小ぶりのホウボウは値段が付かないので申し訳ないほど安い。小ぶりといっても寸胴型の魚だから開いても魅力的な肉厚感が嬉しい。軽く塩して数時間寒風で干して水分を抜く。引き締まったホウボウのフライに挑戦だ。

 

 

肉厚ホウボウフライのレシピの調理方法(作り方)

材料(4人分) 分量(目安)
ホウボウの開き 頭落として20cmほどのもの 4匹
小麦粉 適量
生卵 1個
パン粉 適量
オリーブオイル 適量


  1. ホウボウの開き身両面に塩を振る。寒風で数時間〜一晩干す。
  2. 程よく身の引き締まったホウボウ開きに小麦粉、溶き卵、パン粉の順につけてフライ準備完成。
  3. 底の広いフライパンに薄くオリーブオイルを敷く。熱して両面を順番に焼くように揚げる。一番上の写真のようにこんがりやきあがったら出来上がり。
  4. 次のホウボウを揚げるときには一度キッチンペーパーでフライパンから油とパン粉を拭き取り、3の手順に戻る。

 


肉厚で美しい桜色のホウボウ開き。

 


満遍なくパン粉をホウボウの身にまぶす。

 

 淡白な身質のホウボウフライのお味は?合う、フライという調理に合う魚なのだ。しっかりとした皮が柔らかい身をまとめている。加熱すると皮は香ばしく、白身はほっくりと崩れる。

 塩とカボスに漬けながら食べて間違いなし。淡白ながらもソースやタルタルソースでもホウボウの味なのには驚いた。おっかさん、旨いよホウボウフライ。