HOME魚貝やイカ、エビのレシピ>ヒラマサの砂ずり炙り寿司

■ヒラマサの砂ずり炙り寿司のレシピ

ヒラマサの炙り寿司

レシピ(作り方)

材料(2人分)分量(目安)
ヒラマサのハラミの下側、最も脂ののった部位適量
酢飯1合
うまい塩適量
カボス適量

食材購入リンク
作りたいレシピが見つかったら。選べる旬の鮮魚、マグロ、ヒラメ、コチにカンパチ。
おもてなしに使える刺身用大皿や盛り付け皿を探す

:*大トロに相当する部位。砂ずり=魚の胴の下側なので砂にするほどの場所と言う意味。

時々寿司屋で見かける炙り寿司。握ったあとにごうっとバーナーで焼き、香ばしさと旨みを一気に引き出す。
家でもやってみたい・・・。
バーナーがないのでフライパンで。

  1. ハラミは脂がたっぷりなので、薄く削ぎ切り。
  2. シャリは先に握っておく。
  3. テフロンのフライパンを油をひかずに熱々に熱する。切り身を片面だけさっと焼く。
  4. すぐに焼き目を上にしてシャリにのせる。塩とカボスを振りかけて。

頬張るとさっくりと崩れて、焼いた魚の香ばしさと刺身の甘さも残っていて。
家でもできる本格創作寿司!カボスはたっぷりと。