HOME魚貝やイカ、エビのレシピ>ふぐの子糠漬のスパゲッティ

■ふぐの子糠漬のスパゲッティレシピ

ふぐの子のスパゲティ

レシピ(作り方)

材料(2人分)分量(目安)
スパゲティ200グラム
ふぐの子の糠漬50〜80グラム
七味唐辛子適量
大根細切り100グラム
紫蘇の実、塩漬け少々
梅酢大さじ一杯

食材購入リンク

[毒が、旨い。」
ふぐの子の糠漬け 荒忠

  1. 大根の細切りを皿の箸に寄せて盛りつける。紫蘇の実塩漬けと梅酢をかける。
  2. たっぷりの湯を沸騰させスパゲティを茹でる。ちょっと固めのアルデンテに。
  3. 茹で上がった麺の湯を切り、フライパンの湯を捨てたらオリーブオイルを大さじ2杯。
  4. 弱火で麺にオイルをなじませたら、ほぐしたふぐの子を混ぜ合わせて、皿に盛り付け。

好みで七味唐辛子で仕上げ。
ふぐの子は塩味が強いから、少しずつ入れて味を整えて。

毒のある卵巣こそうまい。なんとか食べたいと先人達が頭をひねってじっくり2〜3年寝かした珍味。
長い時間の間に毒がじっくり抜ける。きちんと検査済みのものを使って。

タラコスパゲティ よりも魚醤やヌクマムのように魚の香りがぐっと強い。
梅の風味の大根サラダと一緒に食べると、さっぱりして、歯応えが2重に楽しい。

ふぐの子スライス