HOME魚貝やイカ、エビのレシピ>アカムツのアラの出汁で茶碗蒸し

■アカムツのアラの出汁で茶碗蒸しレシピ


レシピ(作り方)

材料(4人分)分量(目安)
出汁の材料(500cc分) 
アカムツのアラ 1匹分
長ネギの青い部分2本分
うまい塩適量
醤油少々
適量
  
3個
アカムツの身8切れ
  

食材購入リンク
作りたいレシピが見つかったら。選べる旬の鮮魚、マグロ、ヒラメ、コチにカンパチ。

アカムツを知らない人は、まず前のページのアカムツの握りをどうぞ。
魚の紹介をしているサイト情報がある。

まずはアラで出汁を作る。

  1. 頭は半分に割って血合いを洗い流す。カマ、中骨、腹骨や皮なども全て使う。
  2. 鍋に日本酒を1カップほど入れて沸騰させ、アルコールをとばす。アラを全て投入。
  3. 沸騰したら長ネギの青い部分と水を2カップ入れて沸騰寸前で火を弱火に。アクを丁寧に取り除く。
  4. 10分ほど煮出したら塩と少しの醤油で味を整える。冷ます。

さていよいよ茶碗蒸しへ。

  1. 卵を割りほぐし、出汁を加える。濾しながら器に入れて、一人2切れのアカハタの身を浮かべる。
  2. 器を蒸気のたった蒸し器に。表面の色が変わるまで約3分強火、後は弱火で8-12分程度。
  • スが立たないように火加減は様子を見ながら。
  • 出汁も沸騰させない。香りが飛ばないように。
  • 他の具は一切入れないで。魚の旨さをまっすぐに楽しもう。
  • 金目鯛、真鯛やアカヤガラなど吸い物に合う白身魚でも良い。

ふるふると揺れる茶碗蒸しをスプーンですくう。
濃厚で深いのに、柔らかい深海魚独特の甘い香り。
身も一緒に食べる。
大トロの滑らかさを保ったまま熱々で、ほくほくで出汁の凝縮にまとわれて、もう我慢できません。うまい。