■海でごはん。海のごはん。
           HOMEへ。
■野外料理。
 夏バーベキューに似合う
 簡単アウトドアレシピ一覧
・バーベキューに缶ビール
・バーベキューに生ビール
・焚き火料理レシピ
・七輪炭火焼きレシピ
 →BBQ貝料理レシピ
 →BBQお魚レシピ
 →BBQ海老レシピ
 →BBQ烏賊レシピ
 →BBQタコレシピ
 →BBQお肉レシピ
 →BBQ野菜レシピ
 →BBQ面白レシピ
・ダッチオーブンレシピ
 →ダッチオーブン魚レシピ
 →ダッチオーブン肉レシピ
 →ダッチオーブン野菜レシピ
・バーベキューでお刺身
■家でも料理。
 魚は海辺で入手!
 簡単魚貝類レシピ一覧
・魚料理レシピ
・タコとイカ料理レシピ
・貝料理レシピ
・海老カニワカメレシピ
■アウトドア料理の主役
 焚き火、調理道具、七輪

■焚き火を楽しむ方法

■オススメアウトドア調理道具
■七輪専門サイト
■アウトドアリンク集
■管理人にメール


HOME > 簡単アウトドアレシピ一覧 > 鴨丸ごとから捌いて作る鴨ヤキトリレシピ。

 

鴨丸ごとから捌いて作る鴨ヤキトリレシピ。

 魚を釣ったり、突いたりして食べると、自分で活け締め、血抜きができる。この下処理が活きた素材を手に入れる一番確実な方法。

 鉄砲打ちの友人が猟期に仕留めた鴨を送ってくれた。食べることが大好きなその友達の、ばっちり下処理された丸鴨。以前宮崎に遊びに行って教わったように、部位別に捌き分けて、焼鳥を楽しむ。 鴨そのものを楽しむなら、この鴨肉の炭火塩焼きが最高のレシピ。

 

よく引き締まった丸の鴨肉

 

 

鴨丸ごとから捌いて作る鴨ヤキトリレシピの調理方法(作り方)

材料(2人分) 分量(目安)
丸鴨(鴨を一羽丸ごと使う) 1羽
うまい塩 適量
荒挽黒胡椒 適量

 

食材購入リンク

 

 


@鴨の解体の仕方

 胸肉を鴨の胸の中心にある骨に沿って魚の三枚おろしのように刃を丁寧に入れて肉を外す。両側の胸肉を外したら手羽や腿肉を外す。包丁でもいいし、ハサミで根元を切ってもよい。

鴨の手羽はちょっきん

 

A鴨の部位別食材

 下の写真を参照。胸肉(右上)、腿肉(左上)、手羽(左下)、肝臓、ササミ、食道(右下)。

切り分けた鴨の部位

噛み応えのある鴨の腿肉

 

B鴨胸肉のタタキ

 まずは鴨の胸肉に塩を振って、七輪強火で肉の周りを満遍なく焼く。中心は温めるだけにとどめて、焼きすぎに注意。一口大に切って鴨胸肉のたたき。ポン酢に長ネギのみじん切りを添えて。ササミは七輪の端っこでさっと炙って食べる。

 香ばしい皮、さっくりした歯応えと甘い肉汁。鴨の味はニワトリとは全く違う芯のある味。

やわらかい鴨胸肉のたたき

 

C鴨砂肝、鴨ハツのヤキトリ

 レバー(右)、開いて中の砂を取り除いた砂肝(中央)、薄く切り開いたハツ(左)を串焼きで。味付けは塩と黒胡椒で。

新鮮な鴨の内臓

 

D鴨手羽や鴨腿肉の炭火焼き

 腿肉と手羽は塩胡椒をして中火でじっくりと焼く。カリカリに焼けた皮と固いのではなく、しっかりとした噛み応えのある肉にかじりつく。

鴨の腿肉と手羽

E鴨のガラ濃厚スープ

 残った鴨ガラでスープ。お湯と日本酒半々小鍋に入れ、小分けにしたガラを入れる。
沸騰したら丁寧にアクを取り除く。塩と少しの醤油で調味して長ネギのみじん切りを散らす。

 力強い肉の香りがする、とても濃厚な鴨汁。

締めに鴨スープ

 

 鶏には無い、血の強い香りと甘みが素晴らしい鴨肉。インターネット販売しているので、丸ごと一匹解体を楽しみ、ジビエバーベキューに挑戦しよう。

 

 

 

 

 

▲このアウトドア料理ページのトップへ。