■海でごはん。海のごはん。
           HOMEへ。
■野外料理。
 夏バーベキューに似合う
 簡単アウトドアレシピ一覧
・バーベキューに缶ビール
・バーベキューに生ビール
・焚き火料理レシピ
・七輪炭火焼きレシピ
 →BBQ貝料理レシピ
 →BBQお魚レシピ
 →BBQ海老レシピ
 →BBQ烏賊レシピ
 →BBQタコレシピ
 →BBQお肉レシピ
 →BBQ野菜レシピ
 →BBQ面白レシピ
・ダッチオーブンレシピ
 →ダッチオーブン魚レシピ
 →ダッチオーブン肉レシピ
 →ダッチオーブン野菜レシピ
・バーベキューでお刺身
■家でも料理。
 魚は海辺で入手!
 簡単魚貝類レシピ一覧
・魚料理レシピ
・タコとイカ料理レシピ
・貝料理レシピ
・海老カニワカメレシピ
■アウトドア料理の主役
 焚き火、調理道具、七輪

■焚き火を楽しむ方法

■オススメアウトドア調理道具
■七輪専門サイト
■アウトドアリンク集
■管理人にメール


HOME簡単アウトドアレシピ一覧 >究極のアウトドア簡単レシピ、ホット缶詰。

 

究極のアウトドア簡単レシピ、ホット缶詰。

 魚突きや釣り、潮干狩りの遊びがメインなので、今日は遊びに忙しくてアウトドア料理とかしているヒマは無いのだ!という日はホット缶詰。シャケ缶、さんま蒲焼、いわしの缶詰、牛肉の大和煮。贅沢路線では牡蠣のスモークなんてのもある。

 缶詰はもともと保存が利く食べ物だから、時間のあるときに、ちょっと町に出たときにスーパーやデパートの缶詰コーナーに足を向ける。近場のスーパーで特売物を選んだり、商品入れ替えの安い缶詰を買うもよし。

 紀伊国屋とか、成城石井でサーディンのマスタード風味とか、アナゴの柔か煮などの高級路線もたまにはいいだろう。

さんま蒲焼を焚き火で

 遊び終わってまずはクーラーボックスから冷たいビールを取り出す。小枝を拾ってポケットのティッシュを丸めて火をつけて、大き目の流木へ火を移して行こう。

 2本目のビールが空く頃には上の写真のようにほどよい熾き火になっている。好みの缶詰のフタを開けてさあ、浜宴会の始まりだ。

 

ホット缶詰レシピの調理方法(作り方)

材料(2人分) 分量(目安)
ツナ缶、サーディン缶など 2〜3個

商品購入リンク
大好きなカレー味の大好きな鯖の缶詰発見!
売り切れ続出。

 

安い、ウマイ。

  1. 缶詰を必ず開ける。蓋を閉めたままだと爆発。缶切不要タイプが便利。
  2. 焚き火の灰が入らない場所にそっとおき、沸騰するまで待つ。 好みで醤油や七味などをふりかける。

 下は奮発してカキの燻製缶詰。オイルがくつくつと煮えてきたら口に突っ込んで、はふっと。ふうわり燻製のいい香り。そう、缶詰はそのまま食べてもうまいが、温めると格段に風味がよくなるのだ。

熱々の牡蠣燻製

 残ったオイルも勿体ない。ちくわを炙り、指でちぎって空いた缶詰に入れて揚げる。ふうわりと膨らんで気持ちの良い食感。

 

 

 

 

▲このアウトドア料理ページのトップへ。