■海でごはん。海のごはん。
           HOMEへ。
■野外料理。
 夏バーベキューに似合う
 簡単アウトドアレシピ一覧
・バーベキューに缶ビール
・バーベキューに生ビール
・焚き火料理レシピ
・七輪炭火焼きレシピ
 →BBQ貝料理レシピ
 →BBQお魚レシピ
 →BBQ海老レシピ
 →BBQ烏賊レシピ
 →BBQタコレシピ
 →BBQお肉レシピ
 →BBQ野菜レシピ
 →BBQ面白レシピ
・ダッチオーブンレシピ
 →ダッチオーブン魚レシピ
 →ダッチオーブン肉レシピ
 →ダッチオーブン野菜レシピ
・バーベキューでお刺身
■家でも料理。
 魚は海辺で入手!
 簡単魚貝類レシピ一覧
・魚料理レシピ
・タコとイカ料理レシピ
・貝料理レシピ
・海老カニワカメレシピ
■アウトドア料理の主役
 焚き火、調理道具、七輪

■焚き火を楽しむ方法

■オススメアウトドア調理道具
■七輪専門サイト
■アウトドアリンク集
■管理人にメール


HOME簡単アウトドアレシピ一覧 クーラーボックスにたっぷりのビールと氷を詰めこんで

クーラーボックスにたっぷりのビールと氷を詰めこんで

ビールをクーラーボックスで冷やす

 

■ビールに始まり、ビールに終わる。

 「とりあえず」ではなく「まずは」ビール。
 途中に何か飲み物を変えるとする。
 たとえば釣り立てカワハギの刺身に日本酒。
 ダッチオーブンで作ったローストチキンに冷えた白ワイン。
 でも最後はビール、寝る前にビールを持ってテントへ入り、最後の一本を楽しんで寝る。当然夜中にトイレに行かざるをえないのだけれど。

 

■ビールにはたっぷりの氷。

 よく冷えていてこそビールはアウトドアでその真髄を発揮する。
 クーラーボックスを開けて、冷たい缶をぷしゅっと開けてすぐに缶が汗をかくくらいに冷やしたものがウマい。

 だからどんなに高いテントやシュラフを買って荷物を軽量化しても、
 どんなにキャンプ地が駐車場から遠くて、持ち運びが大変でも、
 重たい、ビールと氷のたっぷり詰まったクーラーボックスを持っていく。

 

■350ml缶ビールのススメ。

 どうせたっぷり飲むんだからといって500mlの缶ビールを買っては行けない。
 外で飲むとすぐに温まってしまい、残り半分くらいは生ぬるい。今までの苦労がビールの泡ならず水の泡だ。

 遊びに夢中で500mlの半分を忘れておきっぱなしにしてしまうこともある。
ビールに申し訳ない。

 

 飲みきりサイズの350ml缶を何ケースも買おう。
 余ってもいい。
 みんなが遠慮なく飲んでも最後の一本を必ず確保できるほどにたっぷりと持ち運ぶ。

 

 

 

 

▲このアウトドア料理ページのトップへ。